施術が痛い脱毛サロンと痛くない脱毛サロンの差は何なの?

はじめて脱毛を決心したとき、心配なことがたくさんありますよね。まず「痛いのかな・・・?」という疑問です。

光脱毛・レーザー脱毛共通の仕組みですが、光をムダ毛に当て、毛根にダメージを与えて脱毛します。光は毛の黒さのもとのメラニン色素に反応する性質があるので、黒い部分が多い場所、ワキやVIOなどは痛みが強いと言われています。

あと人間の痛みを感じる感覚は部位によって異なりますので、痛みに敏感な顔なども感じやすいと言われています。

では痛いサロンと、痛くないサロンはどう違うのでしょう?まず要素として大きいのが脱毛器の種類です。出力が強く、脱毛効果が高い脱毛器はその分痛みが強いと言われています。つまり痛いサロン=悪いサロン!とはならないということです。

脱毛サロンと病院でのレーザー脱毛の違いは純粋に光の出力の違いです。クリニックでの脱毛のほうが脱毛サロンより圧倒的に痛いとされるのはここが原因なんですね。クリニックでは麻酔を用意する場所もありますが、脱毛サロンは麻酔がいらない程度の痛みと考えましょう。

でも、実際にサロンに行って痛くて泣いたらどうしよう・・・と心配なひともまだいると思います。サロンの脱毛器は出力の強さを調整できる機能がついていますので、エステシャンさんに「痛いので出力を下げてください」と伝えると痛くないレベルまで下げてくれますので、声をかければ大丈夫です。

無料カウンセリングの段階でテスト照射をしてくれるサロンも多いので、試してみるのも安心ですね。

それぞれの脱毛サロンによって痛みへの対策は違う

脱毛器には肌へのダメージと痛みを抑えるために、高熱になっている光の照射部分を冷やす装置をつけたり、ジェルを体に塗って保護します。脱毛の後、肌へのダメージは0ではないので、ローションやジェル、クリームなどで保護してスキンケアします。脱毛するときは多少痛くても、肌を傷めない対策がしっかりとられているんですね。

あまり痛くて泣いてしまうようなら問題ですが、脱毛の仕上がりを考えるなら多少の痛みは我慢したほうが良さそうです。

「痛いなら鎮痛剤を飲んで脱毛に行けばいいんじゃい!?」という考えが浮かぶひともいるかも知れませんが、お医者さんが「この薬を飲んでいても脱毛に行っていいですよ」という証明を出していない限り、脱毛前日・当日に薬を飲んでいるひとは脱毛できないサロンがほとんどです。

脱毛サロンは病院ではありませんので、万全の体調で健康なひとを対象にサービスを提供する場所です。なので薬を飲んでるひとは脱毛できないんですね。自己判断で鎮痛剤は飲まないようにしましょう。

脱毛サロンの脱毛器には「ここまでの出力までしか出してはいけません。これ以上はクリニックのレーザー脱毛です。」という基準が決まっています。なので、どこのサロンも基準近くまで脱毛効果を高める工夫をしているんですね。

痛み=出力の差は多少はあると言われていますが、大きく違うものではないようです。それに痛みの感じ方はひとそれぞれなので、口コミを見ても参考になりにくい要素と言えます。サロン選びは痛みの強さ弱さよりも、他の要素で選んだほうが良いでしょう。