脱毛サロンで使っている脱毛マシンは家庭用脱毛器とどんな点が違うの?

家庭用脱毛器と脱毛サロンの脱毛マシンの違い

脱毛することは女性の身だしなみとして一般的になっていますが、その方法は様々です。

セルフケアしたいという場合には、カミソリで剃ったりワックスを使うことで除毛できるほか、家庭用脱毛器を利用することができます。

脱毛サロンや医療機関で行われる脱毛、家庭用脱毛器は基本的な仕組みは全て同じです。

脱毛マシンは特殊な光やレーザーなどを使って脱毛していきますが、これは黒や茶色のメラニン色素に反応する性質があります。

その性質を利用して光などを照射していくことで熱エネルギーに変換して、毛根を壊していくという仕組みになっています。

家庭用脱毛器はレーザーではなく、擬似レーザーというものが使われており同等の効果を発揮することができます。

脱毛サロンの脱毛マシンは家庭用と比べて出力が格段に高い

脱毛サロンで使われている脱毛マシンはさまざまなものがあります。

家庭用脱毛器との違いは、照射される光などの出力が大きな違いとなります。出力が大きい分だけ脱毛効果が高く短期間に施術を終わらせることができます。

また、プロの手で行ってもらうことができるため、自分ではやりにくいデリケートゾーンの処理なども行うことができます。

有名脱毛サロンで使用している脱毛マシンまとめ

脱毛サロンには様々なところがありますが、人気のミュゼが導入している脱毛マシンはP.S.クリプトンという機器になります。

イタリアのDEKE社の最新の高速脱毛器で、お手入れの時間を短くすることが可能です。 トリートメントジェルを独自開発しているため、美肌効果が高いのが特徴とされています。

脱毛専門の脱毛ラボもDEKE社の脱毛マシンを利用しています。

導入しているのはM.S.F.T.クリプトンという機器でP.S.クリプトンと基本的には同じ構造ですが、コンパクトなボディでフェイシャルやベストヘアにも使える機器だということです。

エピレはTBCがプロディースする脱毛専用サロンですが、ここは自社開発したオリジナルの脱毛マシンを使っています。日本人の肌や毛質に合ったケアを行うことができるようになっています。

他にも脱毛サロンは様々なサロンがありますが、それぞれに特徴があるため自分にあった脱毛サロンにいくことをおすすめします。

また、家庭用脱毛器は低価格で幅広く脱毛することができる、素肌を人に触られることに抵抗がある人や自分のタイミングで好きに脱毛をしたい、近くにサロンがないという人には便利なものです。

どちらが良い悪いではなく、自分にあった方法で脱毛していくことが大切なこととなります。